信楽焼や思いがけない関連商品の紹介。お買い得品や掘り出し物も見つかる工芸品サイト。

信楽古壷大成

46440

価格

46,440円

商品概要

本書は、十四世紀室町時代から十七世紀江戸時代までの信楽焼(壺・甕・蹲壺)を収録した。図版中世の信楽陶信楽窯の歴史と流通について図版解説中世信楽陶編年図我が信楽讃歌日本人の美意識の原点ともいえる信楽の古壺を初めて集大成した待望の書 信楽焼は日本を代表する窯場として知られている。特に中世に作られた壺は「信楽小壺」として日本人の美意識の原点とも言われている。そこ 信楽焼は日本を代表する窯場として知られて

商品の詳細説明

本書は、十四世紀室町時代から十七世紀江戸時代までの信楽焼(壺・甕・蹲壺)を収録した。図版中世の信楽陶信楽窯の歴史と流通について図版解説中世信楽陶編年図我が信楽讃歌日本人の美意識の原点ともいえる信楽の古壺を初めて集大成した待望の書 信楽焼は日本を代表する窯場として知られている。特に中世に作られた壺は「信楽小壺」として日本人の美意識の原点とも言われている。そこ 信楽焼は日本を代表する窯場として知られている。特に中世に作られた壺は「信楽古壺」として日本人の美意識の原点とも言われている。そこにはまさに土と火の挌闘と言うべき、千変万化の魅力があふれている。そうした名品を海外からを混えて集大成したのが本書である。写真家藤森武のその真髄に迫る撮影、棋界の研究者による解説。さらに200点を越える掲載作品の詳細なデーター等まさに決定版とよぶにふさわしい充実した内容となっている。こうした信楽の古壺の魅力については、日本を代表する写真家で、自らも作品集を刊行した土門拳の言葉がもっとそれを伝えている。「今のぼくは、日本のやきものの中で、信楽の壺ほど魅力のある、そしておもしろいものはないと思うようになっている。」「日本のやきものの中で、恐らく世界のやきものの中でも、信楽大壺ほど土と火との挌闘の跡をとどめているやきものはないであろう。」(「わが信楽」より) 日本を代表するやきものである信楽の中で、最も魅力的なのは中世に作られその後忽然と姿を消した「大壺」である。それは世界に類を見ない「土と火の挌闘の跡」だからである。本書はそうした「古壺」200点以上集成した初の出版である。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

近世京焼の考古学的研究

12960

価格

12,960円

商品概要

考古学調査の成果から京焼の実像を解明-伝世品を対象にした作品・作家研究に対し、出土した遺物を対象に「京焼」の定義を明確にしたうえで編年案を提起し、その歴史的変遷と意義を明らかにする。研究史京焼以前-寺院址出土の天目碗 相国寺 京南蛮寺 信行寺京焼の生産-近世京都における窯業生産の開始肥前京焼風陶器と京焼同志社校地出土の京焼-その組成と年代観近世京都出土の信楽焼と京焼平安京左京北辺四坊(公家町遺跡)

商品の詳細説明

考古学調査の成果から京焼の実像を解明-伝世品を対象にした作品・作家研究に対し、出土した遺物を対象に「京焼」の定義を明確にしたうえで編年案を提起し、その歴史的変遷と意義を明らかにする。研究史京焼以前-寺院址出土の天目碗 相国寺 京南蛮寺 信行寺京焼の生産-近世京都における窯業生産の開始肥前京焼風陶器と京焼同志社校地出土の京焼-その組成と年代観近世京都出土の信楽焼と京焼平安京左京北辺四坊(公家町遺跡)出土の京焼禁裏御用品としての京焼常盤井殿町遺跡(旧二條家邸跡)出土の京焼近世京都出土の京焼-その編年近世考古学の発展が京焼研究にもたらしたもの遺跡出土の「小町紅」銘紅容器-小町紅の流行と江戸時代後期の紅化粧旧柳原邸遺構と草創期の同志社女学校-出土陶磁器が語る京都の近代考古学調査の成果から京焼の実像を解明。伝世品を対象にした作品・作家研究に対し、出土した遺物を対象に「京焼」の定義を明確にしたうえで編年案を提起し、その歴史的変遷と意義を明らかにする。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

続・信楽焼の考古学的研究

4644

価格

4,644円

商品概要

畑中英二

商品の詳細説明

リンク先 > ブックオフオンライン【PC・携帯共通】 様(外部サイト)

畑中英二/信楽焼の考古学的研究 続

4644

価格

4,644円

商品概要

最新の発掘調査の成果から、開窯期の様相、桃山期における伊賀焼、京焼風小物施釉陶器生産の様相などについて考察。また、平野敏三氏の信楽焼陶片コレクションを整理し、研究の特質について論じる。約2000点の資料を掲載。〈畑中英二〉1967年京都府生まれ。龍谷大学文学部史学科国史学専攻卒業。人間文化学博士。専門は考古学。財団法人滋賀県文化財保護協会所属。共著に「古墳出土須恵器集成」など。

商品の詳細説明

リンク先 > HMV&BOOKS online 様(外部サイト)

信楽焼の考古学的研究

4644

価格

4,644円

商品概要

畑中英二(著者)

商品の詳細説明

リンク先 > ブックオフオンライン【PC・携帯共通】 様(外部サイト)

信楽焼の考古学的研究

4644

価格

4,644円

商品概要

信楽焼の考古学的研究

商品の詳細説明

信楽焼の考古学的研究

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

信楽焼の考古学的研究 続

4644

価格

4,644円

商品概要

序章 信楽焼研究の課題第1章 信楽焼前夜の近江における窯業生産第2章 信楽焼の基礎資料―窯跡の分布・製品・窯構造第3章 信楽焼の生産に関する基礎的研究第4章 総括付章 平野敏三収集陶片資料について―信楽焼研究者としての平野敏三前著「信楽焼の考古学的研究」以降の発掘調査や研究の深化を受けて、新たな視点を提示する続編。最新の発掘調査の成果から、開窯期の様相、桃山期における伊賀焼、京焼風小物施釉陶器生産

商品の詳細説明

序章 信楽焼研究の課題第1章 信楽焼前夜の近江における窯業生産第2章 信楽焼の基礎資料―窯跡の分布・製品・窯構造第3章 信楽焼の生産に関する基礎的研究第4章 総括付章 平野敏三収集陶片資料について―信楽焼研究者としての平野敏三前著「信楽焼の考古学的研究」以降の発掘調査や研究の深化を受けて、新たな視点を提示する続編。最新の発掘調査の成果から、開窯期の様相、桃山期における伊賀焼、京焼風小物施釉陶器生産の様相などについて考察。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

日本の陶磁 7

4540

価格

4,540円

商品概要

デフォルメされた器形、土膚を流れ落ちる緑色のビードロ釉や、焦げ膚の豪快で寂然とした趣の伊賀焼。素朴で力強い土膚が魅力の信楽焼。瀟洒な味わいの丹波焼。中世以来の三窯の桃山時代の作品を総合的に編集する。

商品の詳細説明

デフォルメされた器形、土膚を流れ落ちる緑色のビードロ釉や、焦げ膚の豪快で寂然とした趣の伊賀焼。素朴で力強い土膚が魅力の信楽焼。瀟洒な味わいの丹波焼。中世以来の三窯の桃山時代の作品を総合的に編集する。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

陶芸の里 信楽・伊賀/丹波

4104

価格

4,104円

商品概要

概略:<信楽・伊賀> 近江と伊賀との境界で採れる同じ良質の陶土を用いながらも、山の北で生まれた信楽焼、南で生まれた伊賀焼。炎を映すかのようなオレンジ色の地肌に散る長石、洗練より素材さえを選び土味を生かした風合いが魅力の信楽。黒く焼け焦げた地肌に赤松の灰釉、ヘラ目やゆがみによる「破調の美」、伊賀の茶陶として茶人に愛されてきた伊賀。 <丹波> 兵庫県の中央部に位置する城下町、篠山で誕生した丹波焼

商品の詳細説明

概略:<信楽・伊賀> 近江と伊賀との境界で採れる同じ良質の陶土を用いながらも、山の北で生まれた信楽焼、南で生まれた伊賀焼。炎を映すかのようなオレンジ色の地肌に散る長石、洗練より素材さえを選び土味を生かした風合いが魅力の信楽。黒く焼け焦げた地肌に赤松の灰釉、ヘラ目やゆがみによる「破調の美」、伊賀の茶陶として茶人に愛されてきた伊賀。 <丹波> 兵庫県の中央部に位置する城下町、篠山で誕生した丹波焼。京都の需要に応じ、江戸時代中頃には丹波特有の「蛇窯」が使われ大量生産が可能となる。本物の葉で型を取る「葉文」の技法や、白い釉薬を用いて陶器の表面を白化粧し、鉄絵や墨流しなど自由な装飾を可能にした「白丹波」。陶器に比べて温かみのある風合い、素朴な美しさで庶民の生活に密着。 シリーズ解説:日本を代表する名窯 瀬戸、常滑 映像で訪ねる日本名窯紀行。古くから残る名作や、人間国宝をはじめとした陶芸作家の名品、その製作過程など、貴重な映像とヒーリングミュージックの第一人者・喜多郎の音楽を通して、陶芸の里へお連れします。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

【送料無料 + ポイント10倍】[信楽焼]6号金運福狸

3678

価格

3,678円

商品概要

[信楽焼]6号金運福狸

商品の詳細説明

[信楽焼]6号金運福狸

リンク先 > ひかりTVショッピング 様(外部サイト)

日本陶磁大系 第8巻

3460

価格

3,460円

商品概要

茶人好みのその作振り穏和。山ひとつ隔てただけの信楽と伊賀は、室町から桃山にかけて盛んになった侘茶ブームのなかで、ともに茶道具として王座の位置を占めてゆく。一方、江戸期に入ってからは、どちらも民窯へと移行する。信楽焼の歴史古信楽信楽焼の技法茶陶信楽信楽の魅力伊賀と信楽織部好み筒井伊賀藤堂伊賀再興伊賀紫香楽焼宮跡信楽焼の鑑賞伊賀焼の鑑賞

商品の詳細説明

茶人好みのその作振り穏和。山ひとつ隔てただけの信楽と伊賀は、室町から桃山にかけて盛んになった侘茶ブームのなかで、ともに茶道具として王座の位置を占めてゆく。一方、江戸期に入ってからは、どちらも民窯へと移行する。信楽焼の歴史古信楽信楽焼の技法茶陶信楽信楽の魅力伊賀と信楽織部好み筒井伊賀藤堂伊賀再興伊賀紫香楽焼宮跡信楽焼の鑑賞伊賀焼の鑑賞

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

【送料無料 + ポイント10倍】[信楽焼]招き狸

3248

価格

3,248円

商品概要

[信楽焼]招き狸

商品の詳細説明

[信楽焼]招き狸

リンク先 > ひかりTVショッピング 様(外部サイト)

信楽高原鉄道事故

3024

価格

3,024円

商品概要

信楽高原鉄道事故。事故の真相は何か長年にわたる裁判の傍聴から推理。第1章 信楽高原を走る二本の列車第2章 陶器の町を血に染めて第3章 第三セクター鉄道の誕生と発達第4章 信楽高原鉄道と信楽焼・世界陶芸祭第5章 青信号が出ない!第6章 信号故障ばかり第7章 JR・亀山CTCの方向優先梃子第8章 「もうすぐ信楽やね」第9章 琴と似顔絵

商品の詳細説明

信楽高原鉄道事故。事故の真相は何か長年にわたる裁判の傍聴から推理。第1章 信楽高原を走る二本の列車第2章 陶器の町を血に染めて第3章 第三セクター鉄道の誕生と発達第4章 信楽高原鉄道と信楽焼・世界陶芸祭第5章 青信号が出ない!第6章 信号故障ばかり第7章 JR・亀山CTCの方向優先梃子第8章 「もうすぐ信楽やね」第9章 琴と似顔絵

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

日本の食生活全集 25

2983

価格

2,983円

商品概要

この本は、大正の終わりから昭和の初めころの滋賀県の食生活を再現したものです。琵琶湖沖島の食―しじみ、いお、もろこ、鴨、はかりしれない湖の恵み湖南米どころの食―桶に漬けこむふなずしに近江の米の滋味香る近江商人〈本宅〉の食―妻が守り育てる「始末と贅」の食と家風姉川蚕飼いの郷の食―男の包丁さばきが冴える川魚料理湖北余呉の食―雪深い山里ではぐくむなれずし、山かぶら漬の味鯖街道朽木谷の食―山地でも、自慢はさ

商品の詳細説明

この本は、大正の終わりから昭和の初めころの滋賀県の食生活を再現したものです。琵琶湖沖島の食―しじみ、いお、もろこ、鴨、はかりしれない湖の恵み湖南米どころの食―桶に漬けこむふなずしに近江の米の滋味香る近江商人〈本宅〉の食―妻が守り育てる「始末と贅」の食と家風姉川蚕飼いの郷の食―男の包丁さばきが冴える川魚料理湖北余呉の食―雪深い山里ではぐくむなれずし、山かぶら漬の味鯖街道朽木谷の食―山地でも、自慢はさばずし、なれずしの海の味滋賀の祭りと街道筋の食べもの比叡山僧房と信楽焼陶工の食人の一生と食べもの滋賀の食とその背景滋賀の食 資料

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

調べよう・日本の伝統工業 5

2808

価格

2,808円

商品概要

伊賀くみひも伊賀焼伊勢形紙信楽焼彦根仏壇近江上布西陣織京焼・清水焼京扇子堺打刃物〔ほか〕

商品の詳細説明

伊賀くみひも伊賀焼伊勢形紙信楽焼彦根仏壇近江上布西陣織京焼・清水焼京扇子堺打刃物〔ほか〕

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

ずっと使いたい、和の生活道具

2700

価格

2,700円

商品概要

1 台所で使う(庖丁―木屋/東京都;信楽焼のご飯鍋―カネフサ製陶/滋賀県 ほか)2 食卓で使う(鉢・皿―出西窯/島根県;楓のカトラリー―クラフト木の実/神奈川県 ほか)3 茶の間で使う(いぶし瓦の行灯―八幡瓦製作所/滋賀県;ぶたの蚊遣り―たくみ/東京都 ほか)4 庭・野外で使う(桧曲げ輪の弁当箱―海野周一/静岡県;素焼きの植木鉢―内山英良/東京都 ほか)使うほどに愛着がわき、手に馴染む手仕事の生活

商品の詳細説明

1 台所で使う(庖丁―木屋/東京都;信楽焼のご飯鍋―カネフサ製陶/滋賀県 ほか)2 食卓で使う(鉢・皿―出西窯/島根県;楓のカトラリー―クラフト木の実/神奈川県 ほか)3 茶の間で使う(いぶし瓦の行灯―八幡瓦製作所/滋賀県;ぶたの蚊遣り―たくみ/東京都 ほか)4 庭・野外で使う(桧曲げ輪の弁当箱―海野周一/静岡県;素焼きの植木鉢―内山英良/東京都 ほか)使うほどに愛着がわき、手に馴染む手仕事の生活道具。本書では、そうした道具の中でも、日本人に馴染み深い素材や伝統の技術を使って作られた、日常的な道具を取り上げ、その魅力を製作現場の風景などと共に紹介。

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

湖の国の中世史

2601

価格

2,601円

商品概要

都の隣国、近江を舞台に武士だけでなく、漁業や舟運に生きる湖の民、木こり・炭焼・ロクロ師など山の民、農民らが躍動する中世社会の万華鏡。『今昔物語集』と近江源氏の内紛と甲賀山現当二世の利益を求めて鈴鹿の杣山内乱のはざまで石山寺領の人びと延暦寺王国としての近江初夏の農村風景佐々木氏の「奇跡」地頭の館を訪ねて百姓の風貌相伝の下人〓と鮒鮨霊場の民多賀社の祭使・馬上役番場の宿にて甲賀の南北朝内乱観世の能の陰に

商品の詳細説明

都の隣国、近江を舞台に武士だけでなく、漁業や舟運に生きる湖の民、木こり・炭焼・ロクロ師など山の民、農民らが躍動する中世社会の万華鏡。『今昔物語集』と近江源氏の内紛と甲賀山現当二世の利益を求めて鈴鹿の杣山内乱のはざまで石山寺領の人びと延暦寺王国としての近江初夏の農村風景佐々木氏の「奇跡」地頭の館を訪ねて百姓の風貌相伝の下人〓と鮒鮨霊場の民多賀社の祭使・馬上役番場の宿にて甲賀の南北朝内乱観世の能の陰に鈴鹿山警固役山中氏木津から今津へ信楽焼の誕生蝉丸と逢坂山村人の資格ムラの合戦記録朽木氏と保坂の関桑実寺の流れ公方小谷城の饗宴川簗をさす人々民衆の砦船着場のある城近世のなかの中世

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

紋左衛門行状記

2160

価格

2,160円

商品概要

信楽に生まれた陶工・奥田信斎(本名)の一生とは―フィクションとは思えないリアリティ。序章 信楽焼とは第1章 信楽での紋左衛門―文政四年(一八二一)ー明治元年(一八六八)頃第2章 信州へ向かう紋左衛門―明治元年(一八六八)頃第3章 赤羽の紋左衛門―明治元年(一八六八)ー明治三年(一八七〇)頃(四八ー五〇歳)第4章 洗馬の信斎窯―明治三年(一八七〇)ー明治一八年(一八八五)頃(五〇ー六四歳)第5章 越

商品の詳細説明

信楽に生まれた陶工・奥田信斎(本名)の一生とは―フィクションとは思えないリアリティ。序章 信楽焼とは第1章 信楽での紋左衛門―文政四年(一八二一)ー明治元年(一八六八)頃第2章 信州へ向かう紋左衛門―明治元年(一八六八)頃第3章 赤羽の紋左衛門―明治元年(一八六八)ー明治三年(一八七〇)頃(四八ー五〇歳)第4章 洗馬の信斎窯―明治三年(一八七〇)ー明治一八年(一八八五)頃(五〇ー六四歳)第5章 越後の能生谷焼と信斎―明治一八年(一八八五)ー明治二三年(一八九〇)頃(六四ー七〇歳)第6章 甲州秋山焼と信斎―明治二四年(一八九一)ー明治二七年(一八九四)頃(七一ー七四歳)第7章 小倉焼と信斎―明治二七年(一八九四)ー明治三五年(一九〇二)頃(七四ー八二歳)終章 信楽を出て異郷に出てやきもの作りをした人たち―その貢献の記録

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

陶工房 No.85

1944

価格

1,944円

商品概要

特集:「信楽」いにしえから未来へ特集は「信楽」。いにしえから未来へと題して、滋賀県の信楽焼の陶芸家と陶芸材料企業を取材し、紹介しています。CONTENTS特集1「信楽」いにしえから未来へ特集2知りたい!人気作家の凄技レシピ閃刻彩陶芸最前線連載●しはんの武者修行記●誰でもできる磁土練込講座●可愛い! 簡単! 楽しい! 親子陶芸のススメ●ゼロからマスター! 電動轆轤●美しい磁器をつくる●粘土から窯焚きまで 焼き物の基本●

商品の詳細説明

特集:「信楽」いにしえから未来へ特集は「信楽」。いにしえから未来へと題して、滋賀県の信楽焼の陶芸家と陶芸材料企業を取材し、紹介しています。CONTENTS特集1「信楽」いにしえから未来へ特集2知りたい!人気作家の凄技レシピ閃刻彩陶芸最前線連載●しはんの武者修行記●誰でもできる磁土練込講座●可愛い! 簡単! 楽しい! 親子陶芸のススメ●ゼロからマスター! 電動轆轤●美しい磁器をつくる●粘土から窯焚きまで 焼き物の基本●おじゃまします! 陶芸家んちのくらし●銅・マンガン・クロムを使った装飾技法展覧会プレビュー&レポート陶芸の知恵袋展覧会案内陶工房告知板

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)

近江学 第2号

1944

価格

1,944円

商品概要

自然レポート 水のある風景近江の山の文化史近江の宗教 比叡山三塔諸堂の成立と発展近江の民俗 民俗伝彰の「危機」と民俗学近江の歴史 「土田庄田地注文」からみた安吉勝氏近江の美術 信楽焼の概説インタビュー 近江を語る対談 酒蔵―命の酒のふるさと講座「近江学」「近江学研究所」概要

商品の詳細説明

自然レポート 水のある風景近江の山の文化史近江の宗教 比叡山三塔諸堂の成立と発展近江の民俗 民俗伝彰の「危機」と民俗学近江の歴史 「土田庄田地注文」からみた安吉勝氏近江の美術 信楽焼の概説インタビュー 近江を語る対談 酒蔵―命の酒のふるさと講座「近江学」「近江学研究所」概要

リンク先 > Honya Club.com 様(外部サイト)